2016/06/04

証明

人気ブログランキングに参加しています。
ランキング3位以上になれば、メルマガの質を上げま~す♪
応援クリックお願いします↓

FXトレード日記 ブログランキングへ


にほんブログ村


リアルタイムで相場のポイントを無料で配信していきますので、登録すると、いち早く情報がGETできます。

→→メルマガ登録へ


おはようございます!
FX Nです。


相場のポイントを無料で配信しています。

※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。



サイクル理論ってやっぱり凄いですね。

昨日、雇用統計でしたね。

5/29に指標について書きました。

5/29の記事

そして、昨日はサイクル分析の記事を書いてます。

6/3の記事


やはり、雇用統計もサイクルのシナリオ通りに動きますね。

今回は反転時間ではなかったので、下落する可能性が高いと予測できました。

指標はチャートに動かされている」という考え方が良いかもしれませんね。

要するに、ファンダメンタルズ分析<テクニカル分析という事です。

テクニカルの中でもサイクル理論はかなり優秀だと私は思います。

指標は相場の加速でもあり、テクニカル分析壊しでもあります。

サイクル理論は時間で分析しているものなので、これと言ってチャートに表示されてるものがありません。

なのではっきり言って、壊しようの無いテクニカル分析なのです。

勿論、イレギュラーがあってややこしい面もありますが、それはどの分析方法も当たり前にあると思います。

目で見える抵抗とかフォーメーションで判断している訳では無いので、前々から想定できますし、想定が外れる事はありますが、別シナリオで想定していたらセオリーが崩れることは無いに等しいと思ってます。

相場はサイクル理論通りに動いてくれています


改めてサイクル理論は凄いと思いました!!


では、良い週末を送りましょ~~~!!


※注意事項
私の相場に対する見解を解説しているだけです。
投資する際には、自己責任でお願いします。


リアルタイムで相場のポイントを無料で配信していきますので、登録すると、いち早く情報がGETできます。

→→メルマガ登録へ

届かない方は迷惑メールとして処理されている可能性があるので、ドメイン設定を確認して下さい。

人気ブログランキングに参加しています。
ランキング3位以上になれば、メルマガの質を上げま~す♪
応援クリックお願いします↓

FXトレード日記 ブログランキングへ


にほんブログ村




2016/05/08

損切りのやり方

人気ブログランキングに参加しています。
ランキング3位以上になれば、短期、中期、長期、相場の転換点を詳しく載せていきますね~♪
応援クリックお願いします↓

FXトレード日記 ブログランキングへ


にほんブログ村



おはようございます!
FX Nです。


相場のポイントを無料で配信しています。

※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。


本日は、知ってるようで知らない損切りのやり方について書きます。

損切りラインを自分の都合で決めていませんか?

私は相場の都合で損切りラインを決めています。

それがどういう結果を生み出すのかを書いていきます。

スクリーンショット (166)

ユーロ円4時間足チャートです。

過去のチャートですが、私の損切りラインは過去でも現在でも決まっています。

サイクルの起点とサイクルの天井の2か所がメインです。


なぜ、この様に決まっているのか?

それは勿論、サイクル理論に基づいてトレードしているからです。

私の損切りラインは、理論的なのです。

ダウ理論のみでトレードしてる方もトレールストップなどを使い、理論的な損切りラインを置けてると思います。


チャートに書き込んでいる「買いエントリー(例)」で皆が買ったとします。

損切りラインがエントリーから10pips逆行したらって置き方をする人もいれば、私と同様にサイクルの起点に置いたりする人もいます。

皆が全く同じポジションを持っても、勝つ人・負ける人に別れてしまいます

利確までの話をすれば、利益も大きく差が出ると思います。

買いエントリーした後に、少し押してる部分(黒〇の部分)がありますね。ここで勝ち負けが分かれるでしょう。

「エントリーから10pips・20pips逆行したら損切りという人」は損切りかかりますね。

押し目の安値より下で設定してる人は結果勝ててます


損切りは「リスク管理をする為」とよく言われてますが、本質はそこじゃありません。

リスク管理も勿論あります。しかし、それだけが全てじゃありません。



損切りはかからなくて当然という所に置くものだと私は思ってます。



損切りも手法の1つです。

損切りは手法なのでルールに従い、リスク管理をロット調整でやるべきだと思ってます。


根拠のあるエントリー・根拠のある決済!!

勝ち続けるには必要な事です。


皆様の勝率が上がれば幸いです。


人気ブログランキングに参加しています。
ランキング3位以上になれば、短期、中期、長期、相場の転換点を詳しく載せていきますね~♪
応援クリックお願いします↓

FXトレード日記 ブログランキングへ


にほんブログ村


2016/05/01

サイクル理論 トランスレーション編

人気ブログランキングに参加しています。
ランキング3位以上になれば、短期、中期、長期、相場の転換点を詳しく載せていきますね~♪
応援クリックお願いします↓

FXトレード日記 ブログランキングへ


にほんブログ村



おはようございます!
FX Nです。


相場のポイントを無料で配信しています。

※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。


本日は、ライトトランスレーションレフトトランスレーションについて書きます。

※フォーメーションみたいなものなので、どのサイクルでも同じ事です。



<ライトトランスレーション>


日足チャートです。

チャートはメジャーサイクルを表しています。

ライトトランスレーションとは、アップトレンドを示す形です。

ライトトランスレーションはどういう形かと言うと、サイクルの半分の本数をセンター(画像で言うと15本)として、サイクルトップがセンターより右側にある形です。

ライトトランスレーション形成の場合、サイクルの起点を割らないのがセオリーです。




<レフトトランスレーション>


日足チャートです。

チャートはメジャーサイクルを表しています。

レフトトランスレーションとは、ダウントレンドを示す形です。

レフトトランスレーションははどういう形かと言うと、サイクルの半分の本数をセンター(画像で言うと14本)として、サイクルトップがセンターより左側にある形です。

レフトトランスレーションの場合、サイクルの起点を割るのがセオリーです。





結果論で説明しているのでセンターが分かりますけど、リアルタイムだと「センターが分からない!!」と思っていらっしゃるのが大半だと思います。

これは検証して、レフトトランスレーションの場合は、天井がだいたい何本ぐらいに来る。ライトトランスレーションの場合は、天井がだいたい何本ぐらいに来る。というのを見つけていきましょう。


ここは割れない。ここは割れる。というのが分かるので、根拠のある損切りができますし、損切り貧乏にはなりにくくなると思います。

損切りラインの置き方1つ変えるだけで、勝ちトレードも増えるでしょう。



以上がトランスレーションになります。


サイクル理論の基礎知識は終わりです。


これである程度、私の記事の内容が理解できると思います。

これからも宜しくお願い致します。


人気ブログランキングに参加しています。
ランキング3位以上になれば、短期、中期、長期、相場の転換点を詳しく載せていきますね~♪
応援クリックお願いします↓

FXトレード日記 ブログランキングへ


にほんブログ村

2016/04/30

サイクル理論 構成編

人気ブログランキングに参加しています。
ランキング3位以上になったので、短期、中期、長期、相場の転換点を詳しく載せていきますね~♪
3位以下にならない様に応援クリックお願いします↓

FXトレード日記 ブログランキングへ


にほんブログ村



おはようございます!
FX Nです。


相場のポイントを無料で配信しています。

※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。


本日は、サイクルの構成での分析です。


4hサイクルが一番小さいサイクルとします。

4hサイクルより小さいサイクルは勿論ありますが、トレードにおいては不向きなので4hサイクルを最小サイクルと仮定します。




日足チャートです。

メジャーサイクルの構成です。

3~4つの4hサイクルで構成されています。






週足チャートです。

プライマリーサイクルの構成です。

3~4つのメジャーサイクルで構成されています。




構成で何が分かるかと言うと、アップトレンドなのかダウントレンドなのかが予測できます。

プライマリーサイクルがアップトレンドを形成するのである相場なら、メジャーサイクルは第1アップトレンド→第2アップトレンド→第3ダウントレンドという予測ができます。



構成は分析というより、相場の把握と各サイクルの関連性ですね。

各サイクルは全く別物ではありません。


プライマリーサイクルボトムと4hサイクルボトムが別々の時間に出現しないですし、メジャーサイクルボトムとプライマリーサイクルボトムも別々に出現しません。

プライマリーサイクルボトムは、メジャーサイクルボトムも4hサイクルボトムも同じレートの安値になるはずです。



以上がサイクルの構成についてです。

明日は、トランスレーションについて書きます。


一週間お疲れ様でした!!

GW楽しみましょ~~~!!

人気ブログランキングに参加しています。
ランキング3位以上になったので、短期、中期、長期、相場の転換点を詳しく載せていきますね~♪
3位以下にならない様に応援クリックお願いします↓

FXトレード日記 ブログランキングへ


にほんブログ村



2016/04/24

サイクル理論 周期編

人気ブログランキングに参加しています。
ランキング3位以上になったので、短期、中期、長期、相場の転換点を詳しく載せていきますね~♪
3位以下にならない様に応援クリックお願いします↓

FXトレード日記 ブログランキングへ


にほんブログ村



おはようございます!
FX Nです。


相場のポイントを無料で配信しています。

※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。


読者も増えてきたので、私のブログの意味が分かるようにサイクル理論を説明していきます。


サイクル理論の1サイクルは安値~安値です。




ユーロ円4時間足チャートです。

4hサイクルから説明していきます。

4hサイクルの周期は、4時間足で60~90本です。

上のチャートの4hサイクルは62本で終了しています。この場合、60~90本の間でボトムを付けているのでセオリー通りですね。





ユーロ円日足チャートです。

メジャーサイクルの説明です。

メジャーサイクルの周期は、日足で35~45本です。

上のチャートのメジャーサイクルは37本で終了しています。この場合、35~45本の間でボトムを付けているのでセオリー通りですね。





ユーロ円週足チャートです。

プライマリーサイクルの説明です。

プライマリーサイクルの周期は、週足で24~35本です。

上のチャートのプライマリーサイクルは32本で終了しています。この場合、24~35本の間でボトムを付けているのでセオリー通りですね。



これが短期~中期のサイクルの種類と周期になります。

長期サイクルは、1年サイクルや3年サイクル等色々あります。私が知っている限りでは、最大で54年サイクルです。




この様な周期でボトム時間など判断しています。



これがサイクル理論の周期での分析方法です。


次は、サイクルの構成での分析方法を書きます。


では、良い週末を~~~!!


人気ブログランキングに参加しています。
ランキング3位以上になったので、短期、中期、長期、相場の転換点を詳しく載せていきますね~♪
3位以下にならない様に応援クリックお願いします↓

FXトレード日記 ブログランキングへ


にほんブログ村